自然なアピール大作戦!!さりげなく身に着ける。

可愛いパンダキャラ

娘が通っている保育園の先生のお話なのですが、その先生は常に好きなキャラクターのエプロンを着用しています。常に身に着けていれば、自然と「○○のキャラクターお好きなんですか?」と話題として聞かれることもありますよね。そして、相手にこの人は○○が好きなんだ…。と印象付けることができれば大成功!

「この間、○○の△△もらったんですけど…。我が家では使わなくて…。もらっていただけませんか?」と言われることが増えたそうです。お店で○円以上お買い物をして、そのキャラクターのグッズをもらった。××を買ったら、○○がついてきた。っていうこと、日常生活にはありますよね。

マイナーなキャラクターであればあるほど、友人や知人からもらえる成功率は高まります。だって、大人がキャラクターものって使いませんよね。捨てるくらいなら、自分の知り合いでそのキャラクターを好きな人がいれば、その人にもらってもらいたい…。そして、その人が喜んでくれるなら、なおさら嬉しい。そう考えるのが普通だと思います。

私もこの話を聞いてから、リュックに好きなキャラクターのピンバッチをさりげなくつけておいたり、話の中で「今度のマックのハッピーセット○○なんだよね。集めなきゃ~。」などと、自然なアピールをするようにしました。そうすると、職場の人や主人がランチにハッピーセットを食べるなど、グッズ集めに協力してくれたりしました。「××会社から○○のキャラクターの△△をもらったんだけど、いる?」と、ももらえることも増えました。

何事も日ごろからさりげないアピールをして伝えておくことが大切なんですね。

パチンコで勝った同僚からスマホカバーを

スマートフォン

会社の同僚と雑談しているときにパチンコで勝ったんだ!と言われました。

すごいね!いいな~などと会話する中で、「何か欲しいものある?」と聞かれたので、すかさず「スマホのカバーが汚れてきたから買い替えたいなっ」そしたら「じゃパチンコも勝ったことだし、俺も欲しいから買ってあげるよ!」と言われてビックリ。半分冗談で言ったのに。

「買ってあげるから俺のも一緒に注文しておいて」と言われ、ネット探しを頼まれました。「君は自分の欲しいものを選べばいいから、わざわざ同じサイトで買わなくても送料なども別でちゃんと払ってあげるから気にしなくていいよ!」とまで言ってもらいましたが、別々の注文だと手数料も送料も2倍になるのでさすがに申し訳なくて、結果お揃いのスマホカバーにしました(笑)

金額は三千円程度のもので、デザインで悩み2週間くらいかかりましたが、気に入ったものでうれしかったです。相手の性格は気分屋なので、あまり時間をかけると本当に欲しいの?と言い出しそうでせっかくのチャンスを棒に振らないように、悩みながらも同じものを買えるようにたくさんお話もできて私にとってはとても楽しい時間になりました。

ですが、3か月くらいしたときに相手がお揃いだったスマホカバーは携帯ごと落としてしまい、お揃いじゃなくなったので自分だけが持っているのもなんだか悪くて、結局私もカバーを変えることにしました。

いつも先輩の前でチョコレートを食べていたら誕生日に頂きました!

職場でとても仲よくさせて頂いている先輩がいて、お昼休みも毎日一緒にお弁当を食べています。

私はお菓子が大好きですが、その中でもチョコレートが1番大好物です。女性は甘いものは別腹ですので、お弁当を食べた後は毎日と言っていいほどスイーツタイムが始まります。

チョコレートさあ、ここからが私のさりげないアピールタイムの始まりです。他の皆さんが色々なジャンルのお菓子を持ち寄る中、私は絶対毎回チョコレートしか持っていきません。

チョコレートの種類も色々ありますが、その中でも厳選したマイベスト3に絞ります。チョコレートしか持っていかない私を見て「よっぽどチョコレートが好きなんだね。」と皆さんは口を揃えて言います。

また極めつけに自分の持参したチョコレートを多めに食べる事で「自宅だけでなく職場でもこんなに食べるなんて本当に好きなんだ。」と思わせるのです。

そうすると仲のいい先輩が私好みのチョコレートや、私もまだ食べた事がない新商品を誕生日にプレゼントして下さったのです。自分が大好きなものを頂けるなんて信じられないくらいの幸せです。

世の中ギブアンドテイクと考えているので、その先輩の身につけているものをチェックしたり普段の会話から好きな事のヒントを見つけてお返しはかかさずしています。

友人に、サプライズパーティーを、誕生日にやってもらいました!

お恥ずかしい話ではありますが、これまでの人生でサプライズパーティーをしてもらったことがなく、心の中でコッソリ憧れを抱いていました。で、ある時、職場の飲み会の席で「お互いのバースデイがいつなのか」話す機会があったんですね。で、お酒の勢いで、その時同席していた仲間に「一生で一度でいいから、誕生日にサプライズパーティーをして欲しいんだよなあ…」と言ってしまったんです。

いちごのケーキそしたら、その場にいた仲間たちもノリよく「おぅ、やってやるよ!」なんて話してたんですが、その場で話している時点でもうサプライズじゃなくなりますよね。なので、ほんの冗談として軽く受け止めていたんです。でも、自分の誕生日当日…。

その時の仲間とちょっとしたイベントに遊びに行った帰り道、突然上司に「ちょっと来い」と呼ばれて、何かやらかしたかなとビクビクしながらついて行ったら、何とその場には、職場の仲間や先輩がバースデイケーキを持って待っていてくれたんです!

スマートフォンからAKB48の『涙サプライズ!』まで流してくれて、たくさんの拍手に囲まれて誕生日を祝ってくれました。私を誘い出した上司の、半端ないしかめ面も、必死の演技だったとわかると、ありがたくて何だか泣けてしまいましたね。

もちろん、目をこすってごまかしましたけれど、大人になってまさかこんなプレゼントをもらえるとは思ってもいませんでした。値段はみんなで食べられるケーキの分と、ちょっとしたパーティーグッズなので、3000円ちょっとくらいのものでしょうか。

自分の場合は飲み会の席でポロリとこぼしただけで、作戦と呼べるようなものではないですが、でも、正直に話してみたからこそ、相手にも気持ちが伝わったんだと思います。心のこもったプレゼントが欲しいなら、相手に思い切ってストレートに伝えてみるのもいいかもしれませんよ。