誕生日にサプライズでZippo

火の点いたライター

昨年の自分の誕生日に彼女からサプライズでシルバーのZippoをプレゼントして貰いました。 私は一昨年から喫煙を始めました。しかし彼女はタバコの煙が苦手だと以前から言っており喫煙し始めたことをなかなか言い出せませんでした。 ただ、彼女に対して喫煙していることを隠しているのは自分としてもダメだと感じていたし、なにより彼女が悲しむことをするのがいけないと思い勇気を出して正直に伝えようと思いました。そして正直に喫煙していることを打ち明けました。すると、彼女は吸ってる姿がかっこいいと彼女なりに認めてくれました。その時は一安心でした。

その後は彼女に配慮しつつ喫煙を続けており、普段の会話の中で「Zippo買おうかなー」と話していました。しかし、プレゼントを期待して言っていたわけでなく素直に自分で購入することを悩んでいただけでした。そして、喫煙を打ち明けてから約5か月後に自分の誕生日があったのですが、その日の午前中は地元のアウトレットモールで互いに買い物をし、そこで前から欲しかったヘッドホンのプレゼントを彼女から頂きました。それだけですごく嬉しかったのですが、ディナーの後に「体には気を付けてね」とZippoを頂きました。驚きと共にとてもうれしいという感情になりました。