不器用で優しい彼氏にもらった財布

色違いの財布

私は去年の誕生日に、彼氏に財布を買ってもらいました。以前使っていたものも、同じ彼氏に買ってもらったもので、数年経ってボロボロになっているのは、彼氏も知っていました。去年は私が「誕生日に財布が欲しい」と念押ししましたが、買ってもらえないだろうなと思っていました。

数年の付き合いで、職場が同じこともあり、喧嘩ばかりだったからです。「俺にお前は必要ない」「早くどっかにいってくれ」と喧嘩の度に暴言ばかり言われ続け、むしろ、誕生日前に捨てられる予感さえしていました。誕生日当日に出勤したら、「ん」と一文字の声をかけられ、ラッピングされたプレゼントを渡してくれました。ちゃんと、私が欲しいと言っていた財布でした。そして、「またボロボロになったら買ってやる」と。

ちゃんと私が言ったことを覚えていたことも嬉しかったですが、何よりこれからも一緒にいていいんだと思えたのがとても幸せでした。いろいろな事情があり、私が幸せになるのに、自分はそばにいちゃいけないんだと思っているとは付き合った当初から言われていました。そんなことを忘れて、愛されたいと思ってしまっていたなと反省もしました。思ったことも、欲しいものも、上手に遠回しに言うより真っ直ぐ伝えた方が私たちの場合はうまくいくみたいです。

嬉しかった父からの誕生日プレゼント

CDの写真

私は歌手の絢香さんが大好きです。絢香さんがデビューした頃からずっと、絢香さんのCDを買い続けていました。誕生日の何週間か前に絢香さんのCDが出る、という広告を見て真っ先に欲しい!と思ったのですが、たまたまその時期が金欠でどうもCDを買う余裕がありませんでした。それでも諦められなかった私は、「バイトを頑張ってお金を貯めて絢香さんのCDを買う!」と家族に宣言しました。

しかし、学校が忙しかったりでなかなかバイトができず。いつになったら絢香さんのCDを買うことができるのだろう、と悲しくなりながらバイトに行ってはクタクタになるまで働きました。その様子を父は見ていてくれたようです。父は優しい性格で、人の頑張りをよく見てくれる人です。

誕生日の日、私は父に呼ばれました。「これ、欲しがってたでしょ?」手には絢香さんのCD。私はびっくりしました。「なんで?バイトして買うって言ったのに!」父は笑顔で「自分で貯めたお金は他のことに使いなさい。友達と遊びに行ったりするからお金かかるでしょ?CDは3000円くらいだったから、お父さんが出してあげる」と言ってくれました。

父は私のことを見ていてくれて、すごく考えてくれてるんだなというのが伝わり思わず目頭が熱くなりました。こんなにも嬉しかった誕生日プレゼントは初めてかも知れません。