買い物に付き合ってもらいつつ、、、??

ショッピングを楽しむカップル
私は彼氏に誕生日などで何気なく欲しいものを伝えるときは、大体買い物をしている最中にそれとなく伝えることが多いです。といっても、あからさまに『これが欲しい!』という感じではありません。『私はこれが気になってるんだよ?』という軽い雰囲気で自分の欲しいものを知ってもらいます。

なので、欲しいものを一点だけ見にいくというより、百貨店やデパートで色々とお店を巡り、実際に自分の買い物をしつつ、その間にお目当ての物を伝えるのです。『これもずっと気になってるんだけど、今日はこれとこれも買っちゃったから我慢しようっと!節約、節約!』と言った独り言のような、独り言じゃないような声のボリュームで話します。

相手にこの子に○○してあげたい!と思わせることが大事です。すごい欲しくて迷ってるけど、自分の生活を気にして我慢している部分を目の前で見せれば、大抵の男性は自然と何かしてあげたくなる生き物だと思います。サプライズ好きな男性は意外と多いのでその時は何も言わなくても、心の中では『今年の誕生日プレゼントはこれにしようかな!』と考えてくれるものです。

お付き合いが長くなれば逆に、欲しいものを事前に言ってもらった方が楽という男性もいるので、このパターンは付き合ってまだ日が浅かったり、2~3年位までの付き合っている期間が一番効果的かもしれません。相手に何かをねだるというのは気がひけるものですが、普段頑張っている自分へのご褒美だと思って、誕生日や大事な記念日などはちょっと甘えてみましょう。

欲しいものはなんとしてもゲットする

シンプルな腕時計
私の欲しいものはずばり腕時計でした。気軽に使える1万円程度の国内メーカーの腕時計が欲しくて、そのプレゼントしてもらった方法です。もらった相手は彼女なのですが、その際、腕時計が欲しいということは伝えていました。でも値段については、「普段使い倒せるものが欲しいので、100均の時計でも1000円の時計でも良いよ」と言っておきます。用途は嘘をついていませんが本当に100均の時計で満足できる訳ではありません(笑)

そんなことを誕生日の1か月前から話していたのですが、なんとなくショッピングモールに行った際にも、吊るしてある腕時計を見ていました。そして実際に誕生日に腕時計を買いに行った時ですが、いつものように吊るしてある腕時計をみながら、ケースに入っている時計も見ていました。

結局、彼女がこれくらいの腕時計はしてほしいという気持ちが出たのでしょう。彼女の方から腕時計の評価をしはじめ、金額的には15000円の腕時計を購入。シンプルで仕事中にするのにちょうど良い時計をプレゼントしてもらいました。実は以前にもっと高級な腕時計もプレゼントしてもらった事あるのですが、今回の用途であれば十分な時計かと思います。控えめに話しながらも彼女がこうしてほしいという気持ちにさせる事が結果的に良かったのではないでしょうか。

記念日と思い出が一緒になるプレゼント

かわいい天使のイラスト
結婚してからお互いに「お小遣い制」にしました。普段に着る下着や、日々の食事にかかる費用などは家計から出しますが、自分の欲しい服やバックや飲み会のお金などは、極力お小遣いから賄う様にしています。

独身の時に愛用していた腕時計が壊れてしまったので新しい物が欲しくなりましたが、お小遣いが足りずに諦めていました。ちょうどその頃、臨月を迎えていたので、赤ちゃんを迎える準備のため、紙おむつ、粉ミルク、赤ちゃんの衣類など、必要な物が沢山あり、出費も多くなっていました。ますます自分の欲しい物を諦めなきゃと思っていました。

無事に出産し自宅に戻って赤ちゃんとの生活が始まったとき、主人に「赤ちゃんを産んでくれてありがとう。出産は女性にしかできないすごい事だね」と褒めてもらいました。その時に冗談で「立派な功績を讃えるためと、この子が産まれてきてくれた記念に、私に腕時計なんかプレゼントしてみない?」と言ってみました。そしたら主人は「いいよ」とニコニコしながら言ってくれました。

そしてソーラー電池で動くウッィカの腕時計を購入してもらいました。子供が春先に生まれたので、桜の花びらの模様がある腕時計で価格は14000円。気に入って出かけるときいつもつけているので、主人も嬉しそうにしています。桜の季節が来るたびに暖かい気持ちになります。

そんなつもりで褒めてなかったけど!

おしゃれな電気スタンド
友達の家に泊まった時に、飾ってあった間接照明がオシャレで素敵で、眠る時に凄く良い感じだったので、「すごく、かわいい!すごいセンスいいね!」と、散々、褒めまくりました。もちろんその時はそれが欲しくて言ったわけではありません。あまりに、オシャレで、部屋のセンスを底上げしていたのと、普段、豆電球で寝ている私には思い付かないセンスだったので正直な気持ちを話したのですが、

1ヵ月後に会ったときに、私の部屋の雰囲気に似合う間接照明を、プレゼントしてもらいました。値段は8000円くらい。嬉しくてびっくりしました。彼女が私の話したことを覚えていてくれたのだなと思うと、とてもうれしかったです。お礼がてらその日のランチは私が奢りましたよ。

実際に使ってみると部屋にぴったりでびっくりしました。寝る時、素敵な気持ちになります。私が褒めすぎたせいで相手に気を使わせてしまったのじゃないかな。。。と少し、考えてしまいましたが、優しい彼女は、「いや褒めてもらってすごく嬉しかったから」とのこと。私も、毎日眠るたびに幸せなので、私も嬉しい気分になり、感謝を伝えています。「喜んでくれて本当にうれしい」と言ってくれます。