好みがわかるようにおしゃれに気を使う

brandと書かれた紙袋

基本、外見から先ず判断ししてもらうようにします。服装・カバン・アクセサリーなどに気を使うようにして、さらに私の好みが分かりやすいようにアピールします。私の場合はブランド品が好きなので分かりやすいかもしれません。彼からの付き合い当時は素直に欲しい物を聞かれたりもしましたので、そこでも素直に伝えました。

今の彼は失敗を嫌がるタイプなので、それでも他の友人に時々聞いたりもしているようです。なので間違った情報が伝わらないように、友人にも嫌味にならない程度にアピールしたりもします。ブランド好きといっても何でもよい訳ではないですし、好きなブランドでもシリーズによっては、それほど興味がないときもありますし、アイテムによってこだわりもあります。特に財布はランチの時などに友人からもチェックされますし、気に入ったものしか使いたくありません。

彼は仕事で海外によくいくので、記念日に合わせるよりも渡航前にアピールします。海外の免税店は国内の店舗より約2割ほど安いらしく、海外に行く際は最新のタイプをプレゼントしてくれたりするのです。国内で販売していないタイプの物は、ちょっとした優越感にも浸れるのでとても嬉しいです。私の影響なのか、最近はついつい自分用のブランド品の財布も買ってきていたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)