古い財布を見ながらグチったら主人が買ってくれた

オリーブ色の長財布

10年以上使用していた財布。古いものでカード類が入りきらない状態でした。独身時代に購入したため中身がボロボロでもありました。子供を出産し、子供関係のカードやポイントカードが増えてしまい収まりきらない状態でした。最初は買い物してもお会計でもたもたしていた姿を主人は何も言わずに目視していました。次第にイライラして愚痴る事もしばしばありました。

ちょうど私の誕生日も近かったし、出産のご褒美も兼ねていたようです。主人が何気なく欲しいものを聞くようになってました。私は新しい財布をねだってはいません。子供に費やしたいから遠慮しました。ある日、○○百貨店に寄るから。と言われ何にも考えずに同行しました。すると、「財布買ってあげるから欲しいやつ選びな」と言ってくれました。正直嬉しかったのですが、迷いに迷って新しい財布を購入してくれました。

欲しい物は欲しい。と言うべきですが、催促してしまうと買ってくれないんだと思いました。さりげなく、○○いいな。ぐらいで揺さぶりをかけるのが何かを買ってくれる技なのかもしれません。もしかしたら、主人はそれに気づいているかもしれません。あまりねだりすぎないようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)