おだてに弱い義理の親をほめまくってカバンをゲット!

おしゃれなバッグ
夫の両親はとてもおだてに弱く、またブランド物が大好きで夫婦で分かりやすいブランド物を身に着けている人たちです。ある時一緒に旅行に行くことになりました。

私は夫が病気をしてしまったので看病のために仕事をやめ、それきりしばらくは働きに出ずに家にいる時でした。旅行ではみんなでさんざん飲み楽しく過ごしました。

私は酔いも手伝って両親の持っているものをさんざんほめまくり、自分は夫の看病で仕事をやめたので無収入でこんな安物のカバンしかもてないんですよー。いつかはこんなバックを持ってみたいですー。とか、他に話すこともないので話題は両親の持ち物の自慢話に持っていき「ちょっと持たせて下さいね」などと自分でも恥ずかしくなるくらいにおだてまくりました。

しらふではできませんけれどもみんなかなり酔っていたのでもう自然と口から出てくるんですよ。お酒の力って凄いですよね。私はその旅行の時はビニールの安物ショルダーバックをぶら下げていたのですが、次の日の帰り道に両親が途中のショッピングモールに寄ろう言い出しました。

二日酔いの私はちょっと面倒だったのですが夫の親に逆らえる訳もなくついて行きました。昨日のおだてが効いたのか、はたまた私のカバンがあまりにもみすぼらしくて本当に気の毒になったのか、COACHのカバンをプレゼントされました。4万位だったと思います。自分で買うのではないので金額は気にしませんでした!親も褒めまくられて良い気分。私はカバンを頂いて良い旅行になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)