買い替え回転率の高い人と同じ趣味を共有する。

自転車約1年ほど付き合いのあるサイクリング仲間から約7万円ほどするロードバイクをプレゼントされました。
その友人は明るくサイクリング仲間の中では中心人物で仕事の方も順調なのか、食事などよく周囲の人を
誘っては奢っていました。

もう1つ彼の特徴を上げるなら物の買い替えの回転率がかなり速かったと思います。サイクルウェアは毎
回別のもので、私服やそれに伴う時計やアクセサリーの類も同じものをほとんど身に着けてきませんでし
た。またスマホも欲しい新作がでれば必ずと言っていいほど乗り換えてもいました。1度それとなく話を
聞いた時に彼は「古いものを中途半端に持つより、短い間使って処分し、それを元手にまたお金を追加し
て新しいものを買ったほうが、ずっと新鮮な気分でいられるから。」と答えてくれました。

そんな彼からプレゼントを貰うきっかけになったのはロードバイクという共有した趣味があったからだと
思います。出会って約1年間の内で時間を共有したのは20日にも満たないでしょう。ただし共有した時間
はほとんどロードバイクのメーカーや素材、備品、フォルムなど互いのこだわりを話ぬきました。ロード
バイクに対する互いの趣味、趣向は深く理解しているつもりです。

だからなのか彼がロードバイクを買い替えた時に「あんまり使ってないので、このロードバイクあげますよ。このメーカー好きでしたでしょう。」と言ってプレゼントされました。私は時間以上に趣味など深い意味で共通できることが自分と相手に「ものをあげてもいい」という関係をつくる方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)