もらい送りの自然な流れで欲しいものゲット

コーヒーカップ
以前からあこがれていたティファニーのコーヒーカップが欲しくてずっと気になっていた時のことなのですが、ちょうど友人に産まれた赤ちゃんの一ヶ月記念の時に、お祝いの気持ちをこめて贈り物を送ったことがありました。とても喜んでくれた友人はきっと贈り物をもらったから申し訳ないという気持ちもあったのでしょうか、とても優しく律儀な性格の持ち主なのでずっとその日の事を覚えていてくれたのだと思います。

その時はちょうど私のお誕生日に近い日取りだったこともありましたが、友人とのおしゃべりの中で自然と例のティファニーのカップの事を話題にして話していました。お互いの趣味も合うので、何の下心やしたたかな気持ちもありませんでしたが、私のお誕生日にプレゼントとして買ってくれたものは私が以前から思い続けていたコーヒーカップでした。だいたい1万5千円相当の商品でしたが、

まさかというびっくりした気持ちと嬉しかったのと両方でした。この経験で感じたのは自分の誕生日やイベントの直前に誰かに贈り物をしていると自然でグッドなタイミングに贈り物をもらうことができるということです。これは短ければ約半年くらいで実現します。お互いもらう側になるし気持ちの良い方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)